オリジナルTシャツマニュアル


オリジナルクラスTシャツの作り方③

印刷位置を決めよう

シルクスクリーンのフレームが完成したら、印刷する位置を決定します。基本、どこでも好きな位置に印刷できるのがこのシルクスクリーンの良いところ。ただ、一回インクを落としてしまうと位置の修正は不可能ですから注意が必要でしょう。胸などに印刷する際は、一度Tシャツを着けて、位置をしっかり確かめましょう。大量印刷する場合には確実に定位置に印刷できるよう、定規などを使ってどこに印刷するかなどを事前に決めて置きましょう。印刷位置を決定したら、厚紙などをTシャツの中に入れてシルクスクリーンで印刷する部分に敷きましょう。シワに影響されず、下に染み込まないようにしてくれます。

 

インクを刷り込もう

今度は印刷したいデザインの上に直接インクを垂らす方法ではなく、デザインの上部にスペースを空けておき、そこにインクを垂らしていきます。フレームをしっかり押さえ、スキージーを斜めから、丁寧に刷り込むことに集中しましょう。
目安として約一往復でキレイにインクが落ちます。何回も刷り込むとインクがにじんだり、枠がずれてしまったりしますから注意しましょう。インクは多めに使っておいて、刷り込んだ後に余ったインクはまたボトルに戻しておきましょう。

インクを乾かそう

インクを刷り終わったら、Tシャツを足や手でしっかり押さえ、フレームを真上に持ち上げるようにTシャツからはがしていきます。その際、インクがついているのでTシャツとシルクスクリーンがべっとりとついている感じになりますが、手を止めずに一気にはがしましょう。インクがずれたり、にじんだりしないよう注意しましょう。
印刷が終わったらインクのついたデザイン部分をドライヤーで乾かし、乾いたらインク部分をアイロンで2分から3分程度あて生地とインクを定着さましょう。

これにて完成!

アイロンでインクを定着させたらオリジナルTシャツが完成します。一度自分で着用してデザインが想像通りの場所に印刷されているか、ゆがんでないかなどをチェックしましょう。何枚も刷る場合は特定の印刷位置をしっかりと決めて大量印刷しましょう。 ただし、シルクスクリーンプリントによるオリジナルクラスTシャツの作り方は、最後にしっかりと印刷部分を定着させることが定説になっています。1枚1枚丁寧にアイロンをかけて仕上げるとよりキレイに仕上がります。

copy